37期分科会について #2

 

 

【LGBTQについて】

Writer:山下 紗季

37期のジェンダー分科会では、まずこの話題があがりました。

今世界で一番注目されている性についての問題ですので、日本も中国もそのムードの中にいて、現状改善しようという空気になってるのは喜ぶべきことです。

しかし、37期日中学生会議分科会の出したまとめでもあるように、「表面上の理解で止まっている」というのが現状です。

これでは改善とは程遠いです。
では、どうすればよりよくみんなが生きやすくなるのでしょう。

実は私はLGBTQについて深く理解をしていると自負しております。
なぜそんなことが言えるか、私の初恋の相手がトランスジェンダーの子だったからです。
見た目はイケメンで中身は乙女。MTFと呼ばれます。
私はその子のことをもっとよく知ろうと思い、ウィキペディアの隅から隅まで読みました。

そして性別変換手術の行える病院をリサーチしてみたこともあります。
タイにある性転換病院のブログも読みました。
女性ホルモンの注入から始まり、アフターケアまで載っていました。

なぜこんなに知ろう知ろうと知識欲旺盛になっていたのでしょう。
やはりその子のことが大好きでもっと知りたい、助けになればいいなと思ったからです。
当事者ではない人たちがすべきなのは、 当事者の方々を好きでいることです。

でもなかなか身近にはいないですし、好きになるのは難しい。
私の場合はレアケースです。

そこで…いるではありませんか!
勇気を出して私たちの前で輝かしい自分を胸をはって表現している芸能人の方々が。
名前を言わずともとても有名な方々がたくさんいらっしゃいます。
その方々 のエッセイを読むことによって、かなりのLGBTQ理解に繋がるのではないかという持論を今日は持ってきました。

表面上(LGBTQ知ってるよ。Lがレズビアンで~)のような認識ではなく!
当事者の生活を、当事者による日常記録書を見ることによって深い理解が得られると思います。

 

————————————————————————————————————

【HP】http://jcsc-japan.com/

【Facebook】https://www.facebook.com/jcsc.jpn/

【Twitter】https://twitter.com/jcsc_japan

【Instagram】https://www.instagram.com/jcsc_japan/

【LINE@】https://line.me/R/ti/p/%40hdo1945d

※是非シェアをお願いします!※

 

日中学生会議 連絡先

Mail: jcsc38ec@gmail.com

Tel: 080-6957-8735

————————————————————————————————————