37期分科会について #3

【歴史分科会について】

Writer:今井絵莉香

 

37期の分科会のひとつとして、歴史分科会がありました。日中関係に関して、この「歴史」というものはとても重要なものではないでしょうか。私たちもニュース等で「教科書歴史問題」や、「反日暴動」について聞くことも多い時期がありましたが、これもすべて「歴史」から端を発しているものだと思います。

日本と中国は、約70年前という決して大昔ではない時期に戦争状態にあり、 その傷や問題はまだ解決していません。私はこの歴史問題に関して、確固たる意見を持っているわけではありませんし、まだまだ学ばなければいけないことも多いと痛感していますが、私が一番重要であると考えていることは、「歴史には様々な見方がある」ということです。

例えば、ある一つの事件について、いろいろな人が話をするとします。各々立場も状況も違う中、同じ事件を経験して、話をするにしても、彼らが話すことは必ずしも一致するわけではないと思います。まして、歴史問題ならなおさら、国も文化も立場、語られる歴史も大きく異なるものがあったとしても不思議ではないでしょう。そして、各々が語る歴史を一致させることも、難しいのでないかと考えます。

それでは、私たちはどのように本会議で歴史問題を語るべきなのでしょうか。私は、まずお互いの国ではどのような、そしてどのように歴史を学ぶのか、ということを知るべきではないかと考えます。このようなセンシティブな話をするのは非常に難しいですが、数十日にもわたる共同生活を通して、信頼関係を築き、「腹を割って話す」ことによって、今まで見えてこなかった側面や、 考え方、そして思考の柔軟性を得ることができるのではないでしょうか。本会議をとおして、日本で日中関係を学ぶだけでは得られないような「相手の考えに基づいて物事を捉える」という考え方を身につけられると思います。そのため、日中学生会議で「歴史を語る」ということは日中の歴史 問題や、日中関係に関心を抱いている学生にとっては得るものが多いのではないか、と考えています。

 

————————————————————————————————————

【HP】http://jcsc-japan.com/

【Facebook】https://www.facebook.com/jcsc.jpn/

【Twitter】https://twitter.com/jcsc_japan

【Instagram】https://www.instagram.com/jcsc_japan/

【LINE@】https://line.me/R/ti/p/%40hdo1945d

※是非シェアをお願いします!※

 

日中学生会議 連絡先

Mail: jcsc38ec@gmail.com

Tel: 080-6957-8735

————————————————————————————————————